なすびの惣菜をたくさん作ってみよう。

今日のお昼すぎ、勤め先から半日休暇で我が家に帰ってみると電気冷蔵庫の野菜室の中に無茶苦茶どでかいなすが7本も突っ込まれていたのです。
今度はまとめ買いではないんだけど、馬鹿でかいなすがえらく厄介者なのです。
大きいナスが7本も電気冷蔵庫のフレッシュゾーン内に入っているんでほかのフルーツややさいが冷やせなくなっちゃって、エノキタケ、モロヘイヤ、スイカ、あとドラゴンフルーツがいつものようにドアポケットに置かれていました。
放っていたら新鮮なくだものややさいが傷むんで、パソコンなどでなすのレシピをチェックしてここに置かれた立派なナスビを妻好みに料理する事にしたんです。
わたしは調理することがどちらかといえば得意なほうという訳ではないのですが、作り方があればそのまま作る事が可能なんで、どうにかうちの奥さんの失態を料理するっていうやり方で救済しています。
今度美味しそうだと思った調理方法は、なすと豚肉のレンジ蒸し、茄子と豚バラの味噌炒め、なすと豚肉の味噌炒め、それと米なすのマヨバンジャン焼きなどです。
ボクの調理の技術だと90分くらい余裕で必要なのですが、冷蔵庫の野菜ルームの中に入らないやさいとフルーツなどのためにも頑張ってナスビをもちいた惣菜をたくさん作りたいって思っています。