なるべくならいつもの感じで

ここ最近、鶏むね肉ばかり料理して、牛切り落としを使うおかずを食べてないです。
高級な牛肉を満喫したいということは言いませんけれど、この頃はオーストラリア産の牛切り落としでさえも値段が高額で我家の妻が買うことを避けてる様なんです。
ですが来週金曜にご近所の八百屋にて牛切り落としの大量販売をおこなうことがわかりました。
やはり、毎回のように我家の嫁さんは買い求めに行く気満々の様子で、5日前の夜からエラくテンション上がってます。
なるべくならいつもの感じで、3㎏ぐらい購入してきて貰いたいと思います。
例えばそれだけの量を入手してきてくれるのなら、当面の間牛切り落としを用いたごちそうを調理することが出来ます。
久し振りに牛肉の春菊巻き焼き、じゃがいもと牛肉の甘辛煮、それに牛肉とトマトのオイスター炒め、牛小間とアスパラのオイスター炒めなどを作ってみたいと考えてます。
それと、しょうゆ味で青椒牛肉絲、牛肉のしぐれ煮、それと牛肉とせりの炒めものなんかも調理しようかなって思ってたりします。
うちの妻の爆買いについては日常的に苦労させられていますが、こんかいの特売は吾輩もめっちゃ期待しています。
青果だってオクラとニンジンなどなどがめちゃめちゃ多く余っていて、このタイミングに沢山用いてみようと思います。
こどもが好物の、小松菜と牛肉の黒こしょう炒めと牛肉と大根すり流しの中華風煮も仰山料理するって言うと、ものすごく喜んでいました。
野菜ルーム内に残っている鶏むね肉も使用して、いままでよりもさまざまなごはんを調理しようと思っています。