レジ袋の中に、鶏むね肉がびっしり詰まっていました

近所にある西友で鶏むね肉の大量販売をやっているのでうちの嫁さんが惹かれて懇意のおくさん達と一緒に買いもとめにいったのです。
めちゃめちゃ低プライスなんよと大声で言いながら、すっごい慌てふためいて私宅を出ました。
わたくしはというとまたしても今日から鶏むね肉中心のごはんが始まるのだなと考え、ふと溜息をつきました。
うちの嫁がわが家へ帰って来た時、チャリのハンドルに吊るした白濁色のレジ袋の中に、鶏むね肉がびっしり詰まっていました。
これほどの鶏むね肉があれば、10日くらいはほかの食肉を買いに行かなくてよさそうです。
迅速に使用する分だけ残し急速冷凍させたんです。
わたしはこれからのめしの献立をどんな惣菜にするか少し調べてみました。
今宵はというと、蒸し鶏のパリパリ焼きとジャガイモと鶏肉のホットサラダ、それから鶏肉のみそ照り焼き、鶏のカチャトーラなどなど作ることに決めた。
あとあした、しいたけと鶏肉の香草ガーリックバター炒めと鶏とシーフードのタイ風漬けこみダレ、そんでもって鶏肉とごぼうのから揚げおろしあん、鶏マヨのねぎまみれなどしっかりつくればいっぱいの鶏むね肉を消費しちゃうことが可能だと考えています。
青果だってラッキョウや唐辛子が半端ない数が残っておりまして、こっちの生鮮野菜も同様に用いなければ食べられなくなっちゃうので悩ましいところです。
我家の妻にはおとな買いはやめてほしいといつものように言ってるわけですが、今のところやめようとする様子が見受けられません。
翌週からぼくは松江と福島へ4~5日間位国内出張に行っちゃうこともあって、余ってる食品がダメになっちゃわないか気になります。
息子たちが嫌な顔をするでしょうが、今夜も鶏むね肉を用いてめちゃめちゃぎょうさん消費しちゃおうと考えています。