料理をつくるときに何かある度にやっかいと考えてる食料品は

料理をつくるときに何かある度にやっかいと考えてる食料品は、白菜等といったはっぱをキレイにすることが大切な野菜です。
白菜は葉っぱをピカピカにしないと防虫剤や害虫が気にかかってしまいますから、下ごしらえにすっごい手間が掛かってしまいます。
葉っぱの生鮮野菜でも断然面倒だって考えてしまうのがコマツナです。
はっぱがぺらっぺらでもの凄く洗い辛いし、枚数もたくさんあるので綺麗にするだけで手間がかかっちゃいます。
けれども、我家の奥さんはこまつ菜が大好きで、普段から冷蔵庫のフレッシュゾーン内に大量に入っているんで、1週間の内に何回も料理しています。
冷蔵庫にしょっちゅう料理されずにほったらかされてる大蒜とかラッキョウ等の様な余った野菜なんかも使わなくっちゃ駄目なんで、毎度違うごはんを作っております。
何回も作るんが小松菜とあさりのからしあえ、小松菜入り肉だんご鍋、ごまだれで美味しい坦々小松菜、それと小松菜のナムル、小松菜とちくわの酢味噌あえなんだけど、小松菜とミニトマトの洋風おひたし、厚揚げと小松菜のおかか炒めもよく調理します。
近頃、小松菜と鶏肉のクリーム煮、小松菜のしめじじゃこびたし、小松菜の煮びたし、小松菜と牛肉のオイスター煮などなど食欲をそそるなと思った料理方法も探し当てたため、これから作ってみたいと思っています。
折角時間をかけて下準備をするんだし、多種多様なめしを料理しないともったいないと考えちゃうので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です