せがれ達がよろこぶように最近では

最近、こどもが鶏のささみを気に入っているんで、調理法を探してちょいちょい調理します。
せがれ達は、脂肪分たっぷりのとり肉などなどよく食べるもので、鶏ももチャーシュー、鶏モモ肉とごろごろ野菜のキムチスープ煮、鶏もも肉のソテー、それに鶏もも肉のレモン煮なんかを事あるごとに作っていたけど、鶏のささ身の様にあっさりした食べ物を使用するごはんなんかも大量口にしてくれるのがわかって、さきざきつくる料理のレパートリーも豊富になりそうです。
せがれ達がよろこぶように最近では沢山の料理方法を確認してたりします。
例として、ささ身のカツレツ初夏ソース、いんげんと鶏ササミのごまだれ、焼きしいたけとササミのごまじょうゆ、そんでピーマンと鶏ささみの塩昆布炒め、レンジで簡単ナスと鶏ささみの玉ポンドレッシングがけは息子たちもよろこぶかなって考えています。
そんで、ささみチーズの玉ねぎサンドフライ、鶏ささみの梅しそ海苔ロール、鶏ささ身のフライパン蒸し、それと鶏ささ身の香味そうめん、ささ身のみそ串焼きは子供たちも沢山口にしてくれるって思っています。
ただし、僕が作ってるものは朝食ぐらいというわけで、鶏の笹身は下拵えするのに手間がとられてしまうことになり、他のおかずをほとんど調理できません。
ささ身の下ごしらえをもちっと素早くして調理できる様になろうと思います。
可能であれば、オフィスに出社する前に昼ご飯の副食物も調理してさえいれば、うちの家内の表情もさらに上向くと思っているので、もう少し頑張っちゃおうかなって考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です